×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007年2月10日 Aチームジャイアンツ杯準決勝戦(ビーバーズ戦)

  【延長9回ウラ、二死からサヨナラ勝ち<2−3x>で3年連続の決勝進出】


 先制点を奪われ苦しい展開…
これまで「常時大量リード」することにより試合を有利に進めてきたジュニア葵に立ちふさがるビーバーズのエース。
ヒロ、セイジ以外はバットの芯で捉えきれずに前半はゴロの山を築くだけ。打線がつながらない。

 ジュニア葵も守備は堅く、2回先頭バッターの放った右中間の飛球をライトがダイビングキャッチしたり、
4回は連続で盗塁を刺したりと最小失点のみでピンチをしのいでいく
が、
ついに6回表に追加点を取られて、ベンチは重苦しい空気に包まれていく…。

 しかし、6回ウラに当たっているヒロが先頭バッターで本日3本目のヒット(エンタイトルツーベース)を放つと、
テッタが良い当たりのセンターライナー →「惜しい!と思うと同時に芯に捉えだした吉兆」
一死からヒロキのレフト線特大のタイムリーエンタイトルツーベースで1点を返す。
続くカズキのライト前ヒットで走者が三塁に進むと、ヨコタがきっちりと左中間へ飛距離十分の犠牲フライ。
ようやく打線がつながり、振り出しに戻す。

 残すは7回の最終回。先攻後攻の妙もあり、
これまで押されていたジュニア葵はイケイケムード。
対するビーバーズは同点に追いつかれて落胆の色が隠せない。
それを示すかのように相手の7回の打撃陣は
これまでになく「ボールを追いかけるスイング」になっている。
延長戦になってもまったく負ける気がしない。

 そしてついに9回ウラ、そのときはやってまいります、
    ↑ (NHK『そのとき歴史は動いた』の松平アナ風に読んでみてください)

 9回ウラ二死走者なし、打席はこの日2安打を放っているセイジ。
打球は高くレフト後方へのフライとなります。
一瞬追いついたかのように見えたレフトのグラブをかすめてポトンと落ちる幸運なツーベース。
つづくバッターはター。打った瞬間は「高く上がりすぎた」と思った打球も
飛んだコースは左中間ど真ん中。劇的なサヨナラヒットによる決勝進出。


 2/12の決勝戦は6年生の最後の試合となります。
悔いのないよう100パーセントの力を出し切ってください。

 私がジュニア葵に関わってからの「ベストバウト」を塗り替える試合となりました。
※過去のベストバウト:2004年11月28日 北部大会決勝 竹山レッドソックス戦)
  このページには現6年生(当時4年生)の写真が載ってますが、本当に成長したと思います。
  また、タッチアップをミスったことをコメントしておりますが【三塁走者は鍬田くんでした(当時5年生)】、
  今日の試合でタッチアップをきっちり成功させたことも不思議な縁ですね。

※スコアブック記入をお願いしているお母様方へ
  


  盗塁阻止(盗塁失敗)の記入が左のように【2−4】と下記のように書かれていました。
 これではフォアボールで一塁に出た走者が、
 次打者のキャッチャーゴロで二塁封殺されたの??ように読めてしまいますし、
 必ずしも次打者はキャッチャーゴロではありませんので一瞬??となります。
 場合によってはフォアボール出塁+二塁を欲張った打者走者アウトにも見えます
 (その場合のスコアのつけ方は私も知りませんので一緒に勉強していきましょう)。

   スコアブックの記入方法はいろいろとバリエーションがありますが、
  盗塁阻止(盗塁失敗)は、【T.O】(タッチアウトの略)
  もしくは【CS】(caught stealingの略)と記入するのが一般的のようです。
  後者の方が「ワナにかかった盗み行為」と意味的に確実でかっこいいかな?

   また、次打者のボールカウント欄にコーテーションを付して
  【CS'】  と「●○'- …」何球目に盗塁を試みたかも残してくれると完璧です。
  盗塁成功のときも【S'】と「●○'- …」と残してくれると嬉しいなぁ。

   なんてことを書くと、お母様方にプレッシャー与えてしまうでしょうか(笑)




 先発メンバーの発表



 我がチームのエース 「ブ○ジャー王子」



 君の復帰を心待ちにしていたぜ。



 勝利の女神なのかな? お兄ちゃんたちは神掛かっていたよ。



 復帰記念:5連写



 タッチアウト!盗塁阻止



 連続盗塁阻止のキャプテン  「照れるなぁ〜」



 6回ウラ、同点の口火を切る。



 ジャイアンツ杯 脅威の14打数10安打。



 ヒットにこそならなかったものの強い当たりのセンターライナー。
封じ込められていた打線が目を覚ますきっかけとなる。



 閃光一線!鋭い打球がレフト線に飛んでいく。
タイムリーエンタイトルツーベースにて1点を返す。


 いや〜、遠かった1点目。



 さあ、続いてくれよ。



 よっしゃ、ライト前ヒットだ!



 「わーい、つづけ。つづけ」



 飛距離十分、しかも高〜く上がる値千金の犠牲フライ。
立派な仕事をしたぞ。



 やったぜ。ハイタッチの生還者と次打者



 あっ、それロン。タンピン三色ドラドラ…ハネ満ね。



 本日3安打のラッキーボーイ。9回二死から幸運なツーベース。
でも、レフトに上がったとき、「こりゃ捕られるだろうな」って
膨らまないライン取りでタラタラ走っていたことを俺は見逃してない(笑)



 サヨナラ決勝打!
7回牽制死したことを引きずらず&挽回する働き。


トップに戻る     画像センターに戻る


下のリンクは企業広告です