×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2007年4月30日 都筑区春季大会(茅ヶ崎ドリームス戦) at 牛谷グランド

  【春季大会2回戦突破 <6−1>勝ち】


 公式戦2連勝。春季大会2回戦を突破。
勝ったことも嬉しいけれど、それ以上に「野球」になっていたことが
指導者として大変満足しております。

 初めて、四死球の少ない、失策のない(私は2回からの観戦)ゲームができたね。
これを続けていけば、大量失点をしてすべてが後手後手に回ることはなくなるよ。

 また、前日の試合、練習ともにバッティングフォームがバラバラで
兵藤監督から直接指導を受けたリョウトがスリーランを放つなど、
引き続き、ジュニア葵は野球の神様に愛されている模様。
併せて、ジウが盗塁を刺すなど着実にアップしているし、
ライトのイケがファウルフライに果敢に飛び込むなど闘志も前面に出てきた。

 惜しむらくは、先発のレフトが不慣れなグランドゆえに
捕れるファウルフライを途中であきらめてしまったり、
先発投手が考えすぎて相手の4番打者にスローボールを多投し
逆に自分のペースを乱してしまったり…と細かい部分では注文はあります。

 こうしたものは慣れていけば治るものですから
あまり気にはしていませんが、
遠征時には「荏田西グランドとの違いやフェンス(遮蔽物)までの距離感の確認」や
調子の良いときには、“チェンジ・オブ・ペース”と自分のリズムの兼ね合いまで
確認できるようになると、もうひとつ上のレベルに行けるぞ。

 でも、やっとこさ「野球」ができたばかりなので多くは望みません。
これからも四死球の少ない、失策の無いゲームを心がけてください。



トップに戻る     画像センターに戻る


下のリンクは企業広告です